読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gaaamiiのブログ

悪気なく間違ったことを書いている時があります。コメントやTwitter、ブコメなどでご指摘ください

「日本のWebエンジニアの大半が、変化に対応しきれなくなっている件について。」を読んだ感想

以下の記事がはてなブックマークで盛り上がっていました。TOEIC940点の人すごい。。。

d.hatena.ne.jp

中でも以下が一番ぐっと来ました。

UNIX/Linuxコマンドを英語で学習すると、pwd は「Print Working Directory」の略なので、そのまま英語の意味からコマンド名を覚えることができるなど、様々なメリットがありました。

名前はたいていそのツールが何を解決するのか、とかどんなアイデアなのか、とかを表しています。それを理解すると覚えやすいし、コマンドにどんなオプションが存在するのかも予想しやすい。だけど、UNIXコマンドのようにやたら頭字語になっていたりギークっぽい専門語となるとスルーしたくなります。僕はman コマンドを使う時しばらくそれを男性のことだと思っていたし(正解はman manでわかります)、Linux再帰的な頭字語(Linux is not unix)って聞いた時、なんだよそれって気持ちになりました。

変化激しいとこでやっていくのにはたくさん覚え続けなければいけないのはわかってるんですが、ツールの使い方を覚えて覚えて覚え続けるというのは人生を浪費しているような気もします。ツールの名前なりそれが作られた経緯やアイデアなどに着目して効率よくキャッチアップできるマンになりたいです。そういう時にコンピュータサイエンスなりはたまた別分野の教養なり知性なりなんやかんやが役立つと思うんだけど、結局どう考えても自分には無いものだらけなので今のところは「頑張る」以外になさそうだなと思いました。

もう今年24歳になるというのに「頑張る」しか言えることがなくてつらい...。以上です。

あわせて読みたい

karur4n.hatenablog.com

追記

github.com

UNIXコマンドで頭字語やわけわからん名前付けのものを取り出して意味を出力するCUIツールの試作をつくりだした。たぶん難しいことはないので、CUIツールの基礎とパッケージの公開の仕方を学んで、あとはひたすら辞書を充実させて、自分と同じように頭字語に悩む人にとって役立つものにしたい。