gaaamiiのブログ

悪気なく間違ったことを書いている時があります。コメントやTwitter、ブコメなどでご指摘ください

laisoさんの転職エントリ読んだ

この辺に学びがあった。

日々のタスクとしてはiOS開発が一番人手が薄く求められていたのでしかたなくオブシー*5を書いてだらだら仕事していたんだけど、その頃から ninjinkun's diary なんかに影響され「UXとは」と独り言をいいながらその手の本や知見を得て、色んなビジネスアプリを触りながら自社製品の改善点を黙々と報告していた。 ユビレジには伝統的にというか前述のCTOが全部やってる問題があったので開発ディレクター・プロダクトマネージャーの職位がなかった。しばらくしたら歩夢さんというキラキラネームの人がやってきてプロダクトマネージャーを兼任していた。彼もフルスペックな人でビビったのだけど、なにせ会社ごと一緒になったので製品とかシステムも増えてやることはたくさんある状況だった。 なので「各自必要を感じたらなんか関係者をつかまえていい感じにやれ」ぐらいのゆるい感覚で進行管理をしており「開発者を一気に増やしてコード書いてみたけど謎の要因で1年間リリースが凍結されている。謎の要因がはたして何なのか、それは関係者をつかまえていい感じにやれ」というようなプロジェクトがザラにあった。 これが結構「クライアントサイドとサーバーサイド、ハードウェアとソフトウェア両方の知識が必要」というのにフィットしていたので助けることができると踏んだ。 やってみると爽快でコードを書かずに製品を良くできるんだ! という感動があった。今までは要求された仕様に対していかに良いコードを書くかテストを自動化するかというような価値観でプログラミングしていたので、世界が広がった。 ユビレジは「無断ユーザー訪問し放題」という性質があるのでこの頃はジャンジャン使っているお店に行ってみた。

BASEに入社した - laiso

とくにここ。

これが結構「クライアントサイドとサーバーサイド、ハードウェアとソフトウェア両方の知識が必要」というのにフィットしていたので助けることができると踏んだ。 やってみると爽快でコードを書かずに製品を良くできるんだ! という感動があった。

「製品を良くする感動」って良い言葉だと思った。