gaaamiiのブログ

間違ったことを書いている時があります。コメントやTwitter、ブコメなどでご指摘ください

仕事メモの取り方

shgam.hatenadiary.jp

仕事が遅れて気持ち的に辛い日々が続いている。どうにかしたいと思いながら過ごしていて、そんな中で学びもあった。それがメモの取り方。

仕事が遅れるとつらい。そして何が原因なのかわからないと無限につらい。なのでメモを取るようにした、という話。

改良しながらやっていきたい。

メモの取り方

  • まず日付のページを作って、その日のタスクを書いておく
  • 出勤してデスクについたら時間をそのときの時間を書いて仕事開始
  • 違うタスクに着手する時に時間をメモする

というルールで、できたメモ(を社外に公開しても差し支えないように具体的な名前をすべてxxxに改変したもの)がこちら。

# 2018/07/20
昨日:[[2018/07/19]]

## 仕事
- 11:00〜11:30
    - 雑談とか
- 11:30〜12:00
    - [ ] xxx
        - [x] xxxのあたり修正
- 12:00〜12:30
    - レビュー
- 12:30〜12:44
    - MTG
- 12:44〜13:11
    - レビュー
        - xxx
        - 直す
- 13:11〜14:40
    - [ ] xxx
        - あとなんだっけ
        - xxx画面の方だ
            - もうでかいし別PRにするか
        - これできたら昼飯いこう
- 14:40〜15:00 昼飯
- 15:00〜16:00
    - エンジニアMTG
- 16:00〜16:55
    - 雑談
    - レビュー修正
        - xxxしてない件
        - xxxの件
- 17:00〜18:20
    - MTG
    - 雑談
- 18:20〜19:00
    - レビュー修正
        - [x] xxxしてない件
            - [x] 実装
            - [x] テスト
        - [x] attr_readerの件
        - [ ] `xxx` の件
        - [ ] xxxカラムの件
        - [ ] xxxの型の件
            - なんかテストが落ち始めた
ruby
      NoMethodError:
        undefined method `[]' for #<Tempfile:/tmp/xxx.png>

        - [x] xxxの型の件
- 19:00〜19:10
    - Standup MTG
- 19:10〜20:10
    - デザイン相談とか雑談とか
- 20:10〜21:08
    - レビュー修正
        - [x] xxxしてない件
            - [x] 実装
            - [x] テスト
        - [x] xxxの件
        - [x] xxxカラムの件
        - [x] xxxの件
        - [x] xxxの件
            - なんかテストが落ち始めた
            - 本物の`ActionDispatch::Http::UploadedFile`使ってないので `xxx`のところで落ちていた
- 21:08〜22:00
    - [ ] xxxをxxx画面に設置
- [ ] xxxにはxxxできないようにする
- [ ] xxxフィルタ
- [ ] xxx
- [ ] xxx

明日 [[2018/07/22]]

#private/日記

(念のため書いておくと、いつもこんな残業してるわけじゃない。昨日は残ってしまった。なるべく8時間で帰りたい)

これの何が嬉しいか

こうしておけばあとで振り返りができる。実際やってみて気づいたけど、試行錯誤や手戻りによって時間がかかること、雑談に思いの外時間を使っていたり、あとこの日は飯の時間が取れなかったのでおにぎり2つで済ました結果20時ごろからとてもイライラしていた。アホだ。

Githubやタスク管理ツール上でもなるべく小さい単位でタスクを管理・消化していけたらいいのだけど、それが最初から完璧にできたら苦労しないわけで、実際はやりながら「あれもやらないと、これも」みたいなことになる。「なんかPull Rrequestがでかくなってしまった」みたいな振り返りではなく、具体的に何をしたかを残しておくことで、膨らんだ部分を認識できる。次回からの見積もりの精度をあげたり、効率を上げるための仕組みづくりの必要性を感じたりできるかもしれない。

こういったことをいちいちメモしないでも覚えておけるという人はたくさんいると思う。しかし自分のように頭が悪めの人間はこういう工夫をしていかないとつらいことになるのでやっていきたい。