gaaamiiのブログ

間違ったことを書いている時があります。コメントやTwitter、ブコメなどでご指摘ください

ひとりで作るネットサービスとポツンと一軒家

大学時代、ITmediaの「ひとりで作るネットサービス探訪」という連載記事が好きで、よく読んでいた。既存サービスのマッシュアップだったりCGMだったり、おもしろいウェブサービスを一人で立ち上げて、運営している人がたくさん出ていた。当時自分はまともな社会人として働ける気がしなかったので、こういうのを自分もやってみて、少しばかりでもお金が稼げるんだったらそれで生活したいな〜みたいな妄想をしたりしていた。

大学時代にがんばって3つくらい作ってみたけど、やっぱスキル不足で思ったより陳腐なものしかできず、はじめてユーザーが何十人かついたサイトも、すぐに人がいなくなって、閉じてしまった。

就職して、1社目は合わなかったけど2社目で思いのほか仕事が楽しくなり、気づけばそこで3年半も働き続けている。個人でなにかやらなくてはというのも薄れてきた。

そんなときに、ふとテレビでポツンと1軒家という番組を目にした。自分で山を買って切り開いて家建てて庭きれいにしてってやってる人たちが映されていた。かっこいい。こういう感じいいなと思った。

ウェブエンジニアも、自分でCMSつくってサーバー建ててそこに置いてブログ記事書いて公開みたいなことはできる。お金をつくることを目指さないのであれば、広げる必要なんてなくて、自分で気持ちよく使えるものをつくればいい。ネットサービスを個人で作るとき、人様のデータを預かるというのが一番こわいのだけど、それをしなくてよくなる。WordPressのように、使うには自分でサーバー建ててデータ管理してね、とか、データはローカルのファイルに保存して、オンラインストレージと同期して使ってね、とか、既存のサービスを使うためのクライアントみたいなものとかになる。

その前提で、直近つくりたいものは、以下のようなものだ。

  • メモ帳
  • CMS
  • RSSリーダー
  • 読書管理アプリ

こういうものを、趣味でほそぼそと作って、ものによってはちょっと友人を招くみたいな感じで利用権限を渡したり。そういう感じで、ポツンと一軒家モデルみたいな感じでインターネットとプログラミングを楽しんでいきたい。